By Billy Hammond (Copyright AELS)

Have you ever spent time with a person and left feeling empty and drained of energy?

 

There are a few people who are natural energy vampires. Fortunately, there aren’t too many of them, but you’ll know them after you’ve met them. The energy vampires I’ve met aren’t aware of their condition and are full of energy (because they’re sucking in energy from others). All of them have been nice, polite persons; but I had to keep my “mind” focused in my tanden (ki center) whenever I was around them to keep from being drained.

 

There was a Canadian teacher at a school I taught at who was an energy vampire. Students would go into her classroom brimming with energy and come out looking as if they’d been on an all night binge. She had two children’s classes and I went to help with one of them one day. Two groups of energetic children ran into the classroom and staggered out after class, looking as if they’d were returning from a five-mile forced march.

 

So what can you do if you’re unfortunate enough to meet an energy vampire? The best thing is to leave if possible. If you can’t leave, keep your distance. Energy vampires have a tendency to touch their targets. I can’t say for sure, but I believe that the direct contact makes it easier for them to absorb energy. Try and stay out of their reach and keep them from touching you as best you can. Remember, the farther away you stay from them, the less you’ll get drained!

 

You might be thinking, “Is there any hope for these energy vampires?” There seems to be because there’s a very small part of the population who seem to have an immunity to them. As a matter of fact, the Canadian teacher eventually was lucky enough to meet one and got married to him!

 

エネルギー・ヴァンパイア

 

「誰かと時間を過ごして後、エネルギーが吸い取られた気分になったような経験はありますか?」

 

世の中には数が少ないが、自然なエネルギー・ヴァンパイアが存在する。幸いに彼らの数はそれほど多くないが、会った後にはきっと分かる。

 

今までに私の会ったエネルギー・ヴァンパイアの全員は自分の疾患には気付いていなかった。彼ら本人達はとても元気で病気もしないし、いつでもエネルギーが溢れていた(他人から吸い取っているからだ)。全員はとても礼儀正しく丁寧なひとだったが、一緒にいたとき、吸い取らないように自分の気を丹田に集中するように注意した。

 

教えていた学校にはカナダ人のエネルギー・ヴァンパイアがいた。個人レッスンの生徒は生き生きして彼女の部屋に入って行くが、45分のレッスン後、ひと晩飲み続けたような疲れた顔で部屋から出た。彼女は二つの子供クラスを担当していた。ある日、私は手伝いに行くようになった。その日に二組の元気いっぱいの子供達が走って教室に入った。両方の組みの子供達がレッスン後、10km歩かせた元気のない姿でトロトロと教室を出た。

 

「運悪くエネルギー・ヴァンパイアに会ったらどうしたらいいでしょうか?」

出来れば、逃げた方が一番いい。逃げられない場合は、離れて距離をおく。エネルギー・ヴァンパイアは人を触ることが好きだ。私が思うには直接の接触ではエネルギー摂取が簡単になる。彼らの手が届かない距離を保つことは大切。離れれば離れるほど吸い取られない!

 

ここまで読んで、「エネルギー・ヴァンパイアは可愛そう!」と思っているかも知らないが、しかし、彼らには救いがあるんだ。人口の中には少数の免疫を持っている人がいる。実を言うとカナダ人の先生はその数年後、免疫者に出会って結婚をした!

By Billy Hammond (Copyright AELS)

***********

Books published by AELS (AELS出版書籍)

魔女学院&光塾:魔女ガールズの冒険

原作&翻訳:ビレー ハモンド

日本語編集:伊庭野れい子

Majoh Gakuin & Hikari Juku – Japanese Witch Schools – English Edition (魔女学院&光塾(英語)

By Billy Hammond

迷える魔女の戦い (魔女学院&光塾シリーズ第2)

原作&翻訳:ビレー ハモンド

日本語編集:伊庭野れい子

Lost Witch (Majoh Gakuin & Hikari Juku Series Book 2) – English Edition (迷える魔女: 魔女学院&光塾第2弾:英語版)

By Billy Hammond

幸せを運ぶ魔法のチャレンジ 魔女学院&光塾シリーズの第3(Fate & Magic Jp)

原作&翻訳:ビレー ハモンド

日本語編集:伊庭野れい子

“Fate & Magic” Majoh Gakuin & Hikari Juku Series – Japanese Witch Schools Book 3 – English Edition (幸せを運ぶ魔法のチャレンジの英語版)

By Billy Hammond

Regressed 「過去に生きて・・・」

原作&翻訳:ビレー ハモンド

日本語編集:伊庭野れい子

Regressed – English Edition

By Billy Hammond

*************