By Billy Hammond (Copyright AELS)

The Hawaiian dish called the “Loco Moco” made it to Japan a few years back. I was surprised to find a shop in a mall food court specializing in it. The taste was pretty close to what I was used to eating in Hilo, where the Loco Moco is said to have originated, but it wasn’t quite the same. The gravy was an attempt at gravy that didn’t quite make it. The original Loco Moco gravy was thick, viscous and had a heavy-duty, almost fatty taste.

 

Basically it’s one or two scoops of rice with a hamburger patty and a sunny-side up egg on it drowned in gravy. It’s quite filling and the original required a pretty good stomach to handle the oily gravy. We used to joke, “I gotta loco mocate my bowels – I like one Loco Moco, please…” when ordering it.

 

Various articles written about it attribute it to either the Lincoln Grill or Cafe 100 in Hilo.

 

The Lincoln Grill version attested to by Walter Ushiroda, who claims to have been there when the owner’s wife Nancy Inouye created it in 1949 to give the junior high barefoot football players on a team called the “Lincoln Wreckers” something they could afford.

 

The Cafe 100 claims that they started serving it in 1946. Richard Miyashiro, who’d served in the Japanese-American 100th Battalion in Europe invented it at the cafe he named in honor of his Army battalion. I used to eat there when I lived in Hilo and recall the old veterans who ate there talking about it as being the “Home of the Loco Moco.”

 

As for the name of the dish, I tend to agree with those who’ve written that it comes from “loco” which means “crazy” in Spanish and that moco was used because it rhymed well with it.

 

Even today in 2019, it still remains a popular local favorite at fast food restaurants in Hawaii.

 

ロコモコ

 

数年前に『ロコモコ』と呼ばれるハワイの現地料理が来日した。モールのフードコートにロコモコの専門店を見つけて驚きました。味は発信地といわれているヒロで食べたものと似ていたが、同じではありませんでした。グレイビーはグレイビーまで至らなかった挑戦でした。元祖のグレイビーは濃厚な粘液で重い油っこい味のもの。

 

基本的には1スクープ(ハワイではしゃもじではなく、ごはんをアイスクリーム・スクープで救い出し、ごはんの単位となります)、または2スクープのごはんの上にハンバーガーのパティに目玉焼きの順に積み重ねて上から溺れさすほどのグレイビーを掛けたものは地元本来のロコモコ。かなり『重い』料理で、お腹いっぱいになります。但し、グレイビーが油っこいなので、元気の胃を持っていないと 確かに、若い頃、我々が注文するときに冗談で「腸を掃除しなければならないのでロコモコをください」とよく言って注文しました。

 

ロコモコの歴史に関して、数多くの記事が書かれています。大半はヒロ市の「リンカーン・グリル」または「カフェ100」で作られたと主張します。

 

ウァルター・ウシロダ氏が証言したリンカーン・グリル説では、1949年に当時の中学生の「リンカーン・レッカーズ」の裸足フットボール・チームにお小遣いで買える食べ物を提供するため、店長の奥様であったナンシー・イノウエ夫人が初めて作ったそうです。

 

他方、カフェ1001946年に提供しだしたと主張しています。ヨーロッパの日系の陸軍100大隊で活躍したリチャード・ミヤシロ氏は大隊にちなんで名付けられた店で発明しました。ヒロに住んでいたときに時々そこで食べることがありました。一度そこに食べていた同大隊の退役軍人の話しは未だに覚えています。彼らの話しによると、ミヤシロ氏が初めてのロコモコを作りました。

 

ロコモコの名について、『ロコ』とはスペイン語では『クレイジー』と言う言葉をそのままで引っ張りつけ、『モコ』は語呂合わせだったの考えと同意見。

 

現在の2019年にも地元のファストフード店では人気の食べ物の座を維持しています。

By Billy Hammond (Copyright AELS)

***************

Books published by AELS (AELS出版書籍)

魔女学院&光塾:魔女ガールズの冒険

原作&翻訳:ビレー ハモンド

日本語編集:伊庭野れい子

Majoh Gakuin & Hikari Juku – Japanese Witch Schools – English Edition (魔女学院&光塾(英語)

By Billy Hammond

迷える魔女の戦い (魔女学院&光塾シリーズ第2)

原作&翻訳:ビレー ハモンド

日本語編集:伊庭野れい子

Lost Witch (Majoh Gakuin & Hikari Juku Series Book 2) – English Edition (迷える魔女: 魔女学院&光塾第2弾:英語版)

By Billy Hammond

幸せを運ぶ魔法のチャレンジ 魔女学院&光塾シリーズの第3(Fate & Magic Jp)

原作&翻訳:ビレー ハモンド

日本語編集:伊庭野れい子

“Fate & Magic” Majoh Gakuin & Hikari Juku Series – Japanese Witch Schools Book 3 – English Edition (幸せを運ぶ魔法のチャレンジの英語版)

By Billy Hammond

Regressed 「過去に生きて・・・」

原作&翻訳:ビレー ハモンド

日本語編集:伊庭野れい子

Regressed – English Edition

By Billy Hammond

*************